お金借りる審査が必要とゆう常識

お金を借りる方法において、審査なしは絶対にありえません。
金融機関からお金借りる以上、審査があるのは絶対の常識です。
審査なしで借りられるのは、身内や友人から借りるときくらいでしょう。

金融機関が審査なしで貸してくれるという場合、それはほぼ100%の確率でヤミ金になります。
ヤミ金の特徴は審査がない、または金利が異常に低いことであり、明らかに一般的な金融機関とはアピールの仕方が異なります。
非営利の金融機関である信用金庫は、銀行よりもやや低金利を設定しています。
それでもキャッシングの金利は10%を超えるのが普通であり、3%などで借りることはまず不可能です。
3%といったありえない低金利をアピールしてくる業者があったら、怪しいと考えるべきでしょう。

そもそも審査をする理由は、返済能力を確かめるためです。
当然ながら返済できない方に対してお金を貸してくれる金融機関は存在しません。
貸し出すからには全額回収を意識するため、収入の安定性をチェックします。
年収以外にも職業、在籍年数、他社借入などを調べるのです。
消費者金融の場合ならば、年収の3分の1以内までしか借りることはできません。
金融機関からお金借りる場合、たとえ1万円でも審査はあります。
街金なら審査なしもあると考える方はいるでしょうが、むしろ大手より厳しいくらいです。
街金は融資額は小さくなりますが、それゆえに回収率にこだわります。
数万円の借入ならば、大手消費者金融のほうが借りやすいと言われるほどです。